医療法人 誠志会 砥部病院

砥部病院
〒791-2114
愛媛県伊予郡砥部町麻生40-1
TEL:089-957-5511
FAX:089-957-5542

平成27年度

2015/09/28
H27 No.7

 避難訓練と緊急脱出訓練は全く違います。
 半年ごとに行われる火災訓練は避難訓練と呼ばれていますが、実際は緊急脱出訓練です。初期消火をいかに迅速にして、患者さんをスムーズに誘導、脱出させるかという訓練です。
 避難訓練は、火災を出さないことに重点がおかれます。火が出るところは厨房、タコ足配線になっている電気のプラグですから、日常の注意を集中的に向けておけば、火災から避難できます。

 窒息事故も同様に考えることができます。窒息事故の避難訓練は、
1.窒息しそうな人をあらかじめリストアップしておく
  職員間でその情報を共有すること
2.その人の食事の形態が今のままで良いかを考える
  ソフト食、キザミ食への変更
3.食事の時、窒息しそうな人の席を食事介助の必要な人の近くに置いて、職員が観察できるようにする。
 窒息事故の緊急脱出訓練は、言うまでもなくハイムリッヒ法(腹部突き上げ法)と背部叩打法です。
 
 ハイムリッヒ法(腹部突き上げ法)
1.後ろから両腕を回し抱えるようにする
2.片手で握りこぶしを作り、みぞおちの下に当てる
3.その上をもう一方の手で握り、上方に向かって圧迫するように素早く突き上げる
みぞおちを締め上げると、肺から息が漏れ出ようとする流れで、詰まった食べ物を口の外に押し出すイメージです。

 背部叩打法
1.救護する人はひざまずいて、対象者を自分の方に向けて側臥位(横向き)に寝かせる
2.手の付け根で肩甲骨の間を力強く何度も連続して叩く
 窒息した患者さんのそばに居る人、誰でもかまいませんから、迅速にこれらを行いながら、大声で助けを呼んでください。
 掃除機を使う吸引チューブも各階に備えておきます。
平成27年8月24日

Copyright(c) tobe hospital, all rights reserved.