;

医療法人 誠志会 砥部病院

砥部病院
〒791-2114
愛媛県伊予郡砥部町麻生40-1
TEL:089-957-5511
FAX:089-957-5542

院長の麻生だより

2019/07/03
平成31年 No.4 医療安全は何ものにも優先する

1.疑わしきは行動せよ
2.常に最悪の事態を想定して行動せよ
3.空振りは許されるが、見逃しは許されない
 これは、防災の3原則。普段からこの心がけをしておくことが肝要です。普段できていないことは、本番でもできないのです。
 お花見へ行くバスの中、平成2年4月28日生まれの曽我部聡君はずっと、うつむいたままでした。
 理由を聞くと、昼間、花見のお酒を台車に乗せて運ぼうとした時、本館裏のグレーチング(金属をすのこ状にした土木建築材)の所で、台車が急に止まり、お酒1本が前に飛び出して割れてしまったとのことでした。
 私はてっきり、グレーチングの格子目の中に台車の車輪が入り込み、急停止してしまったのだと思いました。そういうことがないようにと、格子目を細かくしたグレーチングを一つ置き、車椅子はここを走行するという約束があるのに、何故それを守らなかったのだろうと思いました。(新人教育でも実地指導をお願いします)
 ところが、よく話を聞いてみると、格子目の中に車輪が入り込んだのではないと言います。
 翌日、曽我部君と現場を見に行きました。「疑わしきは行動せよ」です。アスファルトとグレーチングを支えるコンクリートの間の段差があり、ここで台車が急停止したとのことでした。
 「最悪の事態」を想像してみました。もし、お酒でなく患者さんを乗せていれば、車椅子から投げ出され大けがをしたことでしょう。
 車椅子は格子目の細かいグレーチングの所(一箇所あります)をゆっくりと走行する。アスファルトとコンクリートの段差に注意を払う。投げ出されないように患者さんにはシートベルトをつけてもらう。など、の対策を講じることが大切だと改めて思いました。
 「医療安全は何ものにも優先する」とは、日常の小さな出来事も「見逃さない」で、自分の問題として捉え、医療安全に結びつけて考えるという心を、職員ひとり一人が育むことなのだと思いました。
 曽我部君の小さな失敗は、車椅子事故の教訓そのものでした。
 もうすぐ29歳になる曽我部君、おめでとう。そして、ありがとう。

 平成31年4月24日

砥部病院

〒791-2114 愛媛県伊予郡砥部町麻生40-1

TEL:089-957-5511 FAX:089-957-5542

Copyright(c) tobe hospital, all rights reserved.