医療法人 誠志会 砥部病院

砥部病院
〒791-2114
愛媛県伊予郡砥部町麻生40-1
TEL:089-957-5511
FAX:089-957-5542

平成27年度

2015/03/24
H27 No.2

 ディズニーランドのレストランのお話です。若い夫婦が「お子様ランチ」を注文しました。お子様ランチは9歳以下と決められています。「恐れ入ります。メニューに書いてありますように、お子様ランチは9歳以下の子供さんにお出ししております。大人には少し物足りないかと思われますが」と言うのがマニュアル通りの対応です。
 しかし、アルバイトの青年は、マニュアルから一歩踏み出して尋ねました。「失礼ですが、お子様ランチは誰が食べられるのですか?」「死んだ子供のために注文したくて」と奥さんが答えました。青年は絶句しました。
 「私たち夫婦には子供がなかなか授かりませんでした。やっと待望の娘が産まれました。しかし、身体が弱く一歳の誕生日を待たずに亡くなりました。私たち夫婦は泣いて過ごしました。子供の一周忌に、いつか子供をディズニーランドに連れて行こうと話していました。そして、今日来ました。ここにお子様ランチがあると書いてあったので……」そう言って夫婦は目を伏せました。
 青年は「そうですか。わかりました」と応じました。日本には陰膳(出征や旅行、大学に行って家にいない人の安全を祈願して、お膳を備えること)という風習があります。それを知ってか、青年は四人席のテーブルに夫婦を案内して、子供用の椅子を一つ用意しました。そして、「子供さんは、こちらに」と、まるで亡くなった子供が生きているかのように小さな椅子に導いたのです。しばらくして、運ばれてきたのは三人分のお子様ランチでした。青年は「ご家族でゆっくりお楽しみください」と挨拶して、その場を立ち去りました。
 この青年は、この夫婦の悲しみの中に自分の身を置き、考え、行動しました。若い夫婦がこの青年のサービスに感動したことは、言うまでもありません。後日丁寧なお礼状が来たそうです。
 ディズニーランドでは、アルバイトスタッフが自分自身に対してリーダーシップを発揮すると言われています。マニュアルは基本として、それを一歩超えたところに感動があります。
 皆さんが、少しだけでも、患者さんや患者さんの心配や悲しみの中に身を置き換え、考え、行動しただけで、病院は必ず良くなります。一度でも感動された経験をすると、皆さんの人生も変わるはずです。自分自身にリーダーシップを発揮してみてください。
平成27年2月24日

Copyright(c) tobe hospital, all rights reserved.